トロピカルゾディアックとサイデリアルゾディアックでの月の動き
ガーデニングに役立つ月のアスペクトや作業禁忌日の情報
ヘリオセントリックの会合周期を
時間まで詳細に記載したカレンダー
ムーンガーデニング

月の出・月の入りをガーデニングに活用しよう!

1978年、Colin Bishop氏がラディッシュを使って行った詳細な実験の結果、月の出(Moonrise)が作物の収量に影響を及ぼすということが分かりました。

その実験とは、1か月間にわたって、2列分のラディッシュを午前に、別の2列分のラディッシュを午後に種まきして行った比較実験です。

実験の結果、以下のことが分かりました。

ラディッシュ重量当たりの収量は、星のリズム、つまり種まきカレンダー等で使われている月が土のエレメントに入る「根の日」に増加する傾向を示しました。ラディッシュは根菜なので、やはり根の日に収量が増加するという結果になりました。

しかし、同時に日ごとのリズムの違いも見られたそうで、このことが月の出と作物の収量の関係性の発見に結び付きました。

Bishopは、種を植えた時間を記録していました。そして彼は、種を植える前に必ず畑に水やりをしてから植えていました。つまり、ラディッシュの種は、土壌内に埋められたときから成長を始めたということです。

その結果分かったことは、月の出(Moonrise)の時間に種まき(水やり済み)をすると、それぞれのエレメントの日ごとに(=根の日なら根の日、花の日なら花の日、など)最も高い収量を示したということです。

イギリスではかつて、ロンドンに拠点を置く月刊誌”The Astrologer”が発刊されていました。この雑誌には、必ず月の出の時間が記されており、月の出の時間に重要なガーデニング作業を行うことをすすめていました。

そこで、ムーンマスタリーカレンダーでも、月の出(と月の入り)の時間を記しています(※東京時間)。

月の出・月の入りについては、他にも重要なガーデニング上の考慮すべきポイントがあります。これについては、ムーンマスタリーカレンダーの購入者限定で閲覧できる無料会員サイトにてお伝えしています。

ムーンマスタリーカレンダーのご購入はこちらから
トロピカル・サイデリアル・ジオセントリック・ヘリオセントリックの
月と星のカレンダー
ムーンマスタリーカレンダー
PAXLUNAオリジナル、A4・PDFでのダウンロード)
以下のショップ(外部サイト)よりご購入いただけます。

ムーンマスタリーカレンダーを購入する

ご購入者様だけの特典!

 

  • ご購入いただいた方限定で1年間お使いいただける無料会員サイトが付いてきます!(スマホでも見られます。サンプルはこちらのページよりご覧いただけます)
  • 毎月1回、ガーデニングや月・星の動きに関する具体的な情報をメルマガにて発信します!(会員サイトからも閲覧いただけます)